混ぜるな危険!PRとマーケティングは分けて考えろ!!

最終更新: 1月9日

《目次》

1.PRとマーケティングの違いとは

2.それぞれの戦略の立て方

3.広報のKPIについて


※本体験談は2016年に大学3年で起業した元女子大生起業家の城宝薫によるものです。

城宝薫に関してはこちらからご覧ください。



1.PRとマーケティングの違いとは


PR は日本語にすると広報になります。

(業界の方には怒られそうな表現をしてごめんなさい!)

広報であるため、会社のブランドとか会社の中の情報をいかに発信をするか、周りの人に認知してもらうために社内情報を外部へ共有していくか、会社のブランディング向上のために、会社の社内で持っている情報を展開する、などというところが基本的な広報・PR の役割になります。

それに対して、マーケティングは新規の顧客を開拓するっていうところが大きな目標になります。

広告予算とか企画予算とかキャンペーン予算とかを定めることによって確実にお客さんを獲得できるかできないか、ユーザーを獲得できるかできないかというところも数字の目標としておいて取り込むチームをマーケティングと呼びます。

広報は基本的に会社の中の情報を発信をする、会社のブランドを作っていく、ファンを増やしていく、という考え方なので基本的に決められた KPIはないです。会社によっては1ヶ月3件必ずメディアに出ることであったり、会社の中の情報を一か月2本から3本は記事にするなど、各々の目標はあると思いますが、それをやったことによって成果を確実に出す所は基本的に設計されていません。設計が難しい部分だという言葉が適切かもしれません。


2.それぞれの戦略の立て方


マーケティングと広報は、比較的密に関わっています。

初期の広報が頑張って会社のブランドや会社の中の情報を発信をすると、比例してメディアも呼べる。その結果、顧客が増えるという形の顧客獲得が見込めます。マーケティングと比較的姉妹みたいな位置にいるので、混同して一緒に考てしまう人たちが多いです。

テレビに出るためには Google で広告かけたりInstagram やったりって考えたりする人もいると思います。しかし、PRとマーケティングは100%分けて戦略を考えるようにしましょう。

広報のためなのか、マーケティングのためなのか、お金を使う目的を明確にしないとお金も時間も無駄にしてしまうので、気を付けてください。これを1つ目の注意点として伝えたいと思います。

また、マーケティングのために月10万円の予算を用意しますとなった時に、10万円を使ってメディアに取り上げてもらいましょうという発想になる人、これは失敗するケースです。

メディアに取り上げてもらえるようにするのは広報ですよね。確実にお客さんが何人獲得できたのかが測れる場合がマーケティングです。

10万円を使ってマーケティングをするとなった際、10万円を使って何人のお客さんが獲得できたのかを測れるように設計をする。これがマーティングの大前提になってくるので、何人お客さんが開拓できたか明確に測れなかったりするものに関しては、基本的に広報の一個として予算を切り分けていくのが必要だと思います。

広報に関してはメディア、テレビ、新聞、雑誌、SNSなど。明確にSNSを一週間運用したことによってSNSのDMから新しいお客さんとか求人応募が何人来るとか数字が明確なものに関しては 、Instagram もマーケティングの要素のひとつに入れてもいいかもしれません。ですが、数値目標が設定されていないInstagramに関しては広報の事業部の中に置いておくべきだと思います。

広報部とマーケティング部のKPI、目標設定は確実に変える事を強く推奨しており、数字的に何人のお客さんを獲得するのか、新規クライアント獲得するのかっていう目標設定がされていないマーケティング事業部は作るべきではないということは頭に入れて欲しいことです。


3.広報のKPIについて


広報に関してのKPIは様々なものがあり、外向けに発信することをIRと言うのですが、CSR活動などをIRの中に入れることによって企業のファンが増えて会社の株を買ってもらいやすくなり、最終的に時価総額が上がっていきます。

広報のKPIに関しては、会社の収益とは関係なく会社のブランディング等の認知を高めると、会社の株を買ってもらいやすくなるため、時価総額が上げることを目標に設定している企業もあり、広報の役割がイメージしやすいのではないかと思います。広報は会社のブランドやファンを作っていくことにより、最終的にお客さんが伸びていく、マーケティングで獲得しやすくなるといった繋げ方ができるチーム作りがベストかなと思います。

PRについてはさらに深掘りし、PR TIMESの書き方や、プレスリリースについて詳しく見ていきましょう!





Produce by Shunki Kubo and Yumiko asami